FC2ブログ

日常

役員会などが月1回ある中、小町が幼稚園に入る前には
想像もしていなかったくらいの、忙しい毎日を送っています

実家へ父を見舞いに行ったり、役員会への出席。
そして、役員ママさんとのランチだったりと
結構、幼稚園ママというのは忙しいのですね。

私、人見知りなの忘れてました・・・・・・。

時々、面倒だなと思うこともありますが
今は日々勉強なんだとお付き合いに邁進しておりますです。

日に日に園の状況なども分かってきて、役員やっていてよかったと
思う反面、またあらたな不安も湧き出ています。

どこの園でも同じでしょうが。

それでも、時々、もう少し園を吟味すれば良かったなと
思ったりしています


スポンサーサイト



幼児教室

小町は1歳の頃から幼児教室に通っているの。

この教室では、
・音楽に合わせての踊り
・英語
・生活について
・パソコン
・もじ
・すうじ

などを1時間の間にやっていくのですが
1歳や2歳の頃はお友達同士の刺激もあり
適度な運動や生活態度など小町のお勉強の
導入に関してとても役にたっていたのだけど
最近、なんだか何もかもが中途半端な感じが
してきた。


1時間という短い時間の中でこれだけのメニューを
こなそうとするのが無理なのかもしれないけれど
文字のお勉強では、鉛筆も持ち方からつまづいてしまう。

親は基本的に教室外で待機で、教室がデパートの中にあるため
デパート内をぶらぶらしているのだけど。

私は不意に小窓から娘の授業の様子を見学してるの。

今日も娘を勝手に視察していると、鉛筆の持ち方で苦労している子が
何人かいた。娘は何とか先生の基準をクリアしていた様子だけど
書き順がどうしてもうまくいかず・・・・・・最後には先生にパッと
小町の手から鉛筆を取り上げられてしまっていた

先生、口よりも手が動いちゃった・・・・・・。

導入のこの時期にそんなにすぐには上手に大人が
思うようには書けないよね。
私も自分が小町に教えると、ついムキになって
頭に血がのぼることがあるけど、ダメダメ小町は
まだ小さいから出来ない出来ないって自分を静めてる。

自分が教室に疑問を抱き始めた矢先のこの出来事。
なんだか、私の気持ちの決定打になってしまった・・・・・・。


休職

小町は基本的に食が細い。

でも、好き嫌いはなく私が作る奇想天外な料理も
文句も言わず(今のところは)全部食べきれないまでも
ちゃんと口をつけてくれる。

赤ちゃんの頃からお茶ばかり飲ませていたせいか、
年少になった今でも、基本麦茶。

お友達のお家でジュースを出してもらっても、
お友達がみんなジュースを選んでも、小町は絶対に
お茶しか飲まない。マイペース

おやつも、「トマト」だったりする。

そんな小町。

園での一番大変な時間は給食の時間らしい。
園が外部に発注しているお弁当が食べきれないみたい。
給食の時間におにぎりを1個食べるのが精一杯みたい。

役員会があったので、終了後に小町のクラスを覗いてみた。
小町の給食タイム。
とても楽しそうではない・・・・・・。

先生にそれとなく、給食時の小町の様子を伺ってみると
「小町ちゃんは、家庭では出ないおかずに戸惑って
食べられないみたいですね。」

と言われた。

私・・・・・・えっ?

献立を見ても、普通に私だって作っているようなものもあるのだけど。
先生、私の奇天烈な料理見たの?
なんだか気分を害した。

私が先生と歳が同じであること。
そして、小町が第一子ということで私を下に見てる?
先生としての発言としは軽はずみのような気がした。

まっ、私自身、料理の腕を磨かないといけないのだけどね。




遠足

幼稚園生活も少しずつ慣れてきた小町。

本日は園の親子遠足がありました

私自身、お友達がいないので不安でしたが
同じ役員ママさんが話しかけてくれたり、
同じ列になったママさんと少しお話しできたりして
終始和やかに過ごすことができました。

遠足といっても、バスで公園へ行き、少し遊んで
すぐお弁当を食べてすぐ帰るというハードスケジュール。

とてもゆっくりできる遠足ではなかったけれど、
お友達と小町がどのように触れ合っているのかが
少し垣間見れました。

小町が担任の話をあまりしないのが気になっていたのですが。
それが今日の遠足の様子を見て少し分かったような気がしました。
年少の先生のわりに厳しい。
私のイメージが先行しているのかなとも思うのですが。

ベテランの先生とのことなので安心はしているのですが。

もう少し様子を見てみよう・・・・・・。



教育観

小町パパと私は基本的には性格不一致。

だと思う……。

不一致なのによく結婚したね。
と言われたら確かにそうだ。

性格が合わないからこそ、未知の部分満載で
そこがいい?
私にとにかく優しい服従型だから、そこがいい?
そこだろうな

ことあるごとに、意見が合わずで
どちらかが譲歩するという理想的な形で今まで
穏便にきている私達。

でも、小町が生まれてから教育観というもので
よく衝突するようになった。
躾や育児の仕方において、パパも出産に立ち会った
からか、自分もしっかり産んだ気でいるから手強い。

小町のこととなったら、服従精神もどこかに吹っ飛んで
しまうらしい。

最近気づいた。

小町は私だけが怒っているということに。

パパは小町に今まで怒ったことがない。

私が小町を叱ると、逆に私がパパに叱られる。

どういうこと?

両親が一緒に同時に叱ると、小町の逃げ場がないから
それも可愛そうだとも思うけど、私の叱っている理由を
正当化しないような言葉を発するのはどうかな。

最後には、どうして私が小町に謝らないといけないの?

パパがおかしいと思う・・・・・・。


趣味

時々むしょうに鉛筆が持ちたくなることないかな?

そんなに勉強していたわけでもないけれど、
鉛筆(ペンなんでも可)を持っていれば
何だか落ち着くの。

あら、私って優等生かしらん。

それで、ここ数年ずっとはまっているのが
「ナンクロ」。
ボケ防止にとやっているのだけど、やり始めたら
止まらない。

つい夜更かししてまでやっちゃうの。
性格なのか、1冊をすぐ終わらせないと気がすまないの。

小町はそんな私の横で、私には絶対に真似できない絵を
書いてるの。真面目でしょ


ブログ内検索
プロフィール

蜂蜜棘子

Author:蜂蜜棘子
蜂蜜棘子(はちみつとげこ)

熱しやすく冷めやすく限定物に弱いのです。
棘子娘…小町(5歳)
棘子夫…小町パパ

カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
お友達募集中♪

この人とブロともになる

棘子を登録 by BlogPeople
最近のコメント
ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

TREview

参加中♪
ブログでブームはブロモーション

ブログ広告ならブログ広告.com

みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ

サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
お気に入り
Shop.TOL
by TSUTAYA online